ソリティア(クロンダイク)のルール 遊び方

トランプゲーム ルール 遊び方
この記事は約4分で読めます。

ソリティア(クロンダイク)のルール 遊び方を紹介していきます。

ソリティアは1人で遊ぶトランプゲーム。

使うカードはジョーカーなしの52枚のカードです。

 

ソリティア ルール 遊び方

1 階段を逆さまにしたようにカードをならべる

シャッフルしたうえでカードを裏側にしてならべていきます。

1段目は横に7枚

2段目は横に6枚

3段目は横に5枚…

と7段目までカードをならべます。

 

階段を逆さまにしたような形になります。

 

2 タテ列の一番下のカードを表にする

カードをならべたらタテ列の一番下のカードを表にします。

 

タテ列の一番下のカードは表にする

これから表になったカードを動かしていきますが
タテ列の1番下のカードが裏側のカードになったら、すぐに表にするというのを忘れないでください。

 

3 カードを動かすときの3つのルール

 

カードを動かすときの3つのルール

  1. 数字は大きい数から小さい数のならびで、色が交互のカードを重ねることができる
    例♦️5→♣️4→❤︎3
  2. Aはマークごとに場の上におく
  3. タテ列のカードがなくなった場所にKをおける

 

順番に見ていきましょう。

 

大きい数から小さい数のならびで、色が交互のカードを重ねる

7、6のならびに、5、4、3、2のカードを重ねることができます。

 

数字は大きい数から小さい数のならびで、色が交互のカードを重ねることができます。

 

また複数のカードを同時に動かすこともできます。

例♦️8♣️7に❤︎6♠️5のカードを重ねる

 

Aはマークごとに場の上におく

この場合は1と2のタテの列がありませんね。

Aが出たら場の上にマークに横にならべておきます。

このAに同じマークで連続するカードを重ねていきます。

例 ♠️A→♠️2→♠️3…

 

この場の上にあるカードをA(1)からK(13)までならべるのが、このゲームの目的です。

タテ列のカードがなくなった場所にKをおける

左端のタテ列がなくなったので♠️Kを動かします

タテ列のカードが1枚もなくなったら、そこにKをおくことができます。

 

4 山札からカードを3枚めくる

動かせるカードがなくなったら山札から3枚めくります。

 

その3枚の中で最初に引いたカードのみ動かすことができます。

最初に引いたカードを動かしたあとは2枚目に引いたカードを動かせ
2枚目のカードを動かしたあとは3枚目に引いたカードを動かせます。

 

また動かすカードがなくなったら同じようにカードを3枚引いて、動かしていきます。

 

5 山札がなくなったら、表にした山札のカードを再度使う

山札がなくなったら、表にしたカードを順番を変えずに裏返しにして山札にします。

 

6 場にならべたカードがなくなれば成功

山札を何度めくっても、カードを動かせなくなったら失敗です。

 

4枚ならべたAの上に同じマークのカードをKまでならべることができたら成功です。

 

1人で遊べるおすすめトランプゲーム まとめ
1人で遊べるオススメのトランプゲームをまとめました。 今回紹介するのはソリティア、エスカレーター、カリキュレーション です。 有名なのはソリティア、トランプゲームの入門としてエスカレーター、やり込みたいならカリキュレーションをオススメしています。
ご老人におすすめのトランプゲームを紹介します。
ご老人におすすめのトランプゲームを紹介します。 定番のゲームを中心に6つ選んでいます。 新しくやるゲームより既に知っているゲームの方が負担が少ないと考えました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました