トランプ セブンブリッジ ルール 遊び方

トランプゲーム ルール 遊び方
この記事は約4分で読めます。

トランプゲーム セブンブリッジのルール 遊び方を紹介しています。

セブンブリッジは手札を交換していき役(組み合わせ)をつくっていくゲームです。

日本発なのと麻雀に似ているのが特徴です。

 

以下の通りに説明していきます。

  1. 役(組み合わせ)の種類を紹介
  2. 他人の捨てたカードを役に使う方法
  3. 実際のゲームの流れ

 

セブンブリッジ ルール

 

セブンブリッジ ルール
使用カード 52枚とジョーカー1枚
人数 3人〜6人
勝ち負け 最初に役(組み合わせ)を作った人が勝ち
難易度 普通
出せる組み合わせ 同じ番号が3枚以上、同じマークの連番3枚以上 7

 

セブンブリッジは、配られた7枚に山札からカードを1枚引いたあと1枚捨てることで

役(組み合わせ)を作っていくゲームです。

  • カードを1枚引き、その後カードを捨てることで役を作っていく
  • 役は同じ番号の枚か枚、続く番号の枚以上、7のみ1枚&7に続くカード枚で役になる
  • 他の人が捨てたカードも役に使うことができます(ポン、チー)
  • 役ができたときに公開してもいいし、しなくてもいい。
  • 付け札は自分が役を1つも公開していない場合はできない。
  • ジョーカーは何にでもなれるカード
  • 最初に役(組み合わせ)を作った人が勝ちです。

 

役(組み合わせ)の種類

 

役(組み合わせ)は3種類あります。

  1. 同じ番号の3枚か4枚
  2. 同じマークで続く数字の枚以上
  3. 「7」は1枚で役となる また「7」に続く番号は枚以上で役となる

セブンブリッジの名前通り7だけ特別になっています。

 

1同じ番号の3枚か4枚

 

2同じマークで続く3枚以上のカード

 

3「7」は1枚で役となる また「7」に続く番号は枚以上で役となる

 

他の人が捨てたカードを役に使うことができる場合

 

他の人が捨てたカードを役に使うことができるのは3通りです。

  1. 他の人が捨てたカードと同じ数字を2枚持っている場合 『ポン』
  2. 他の人が捨てたカードと同じマークで続く番号を2枚持っている場合 『チー』
  3. 他の人が公開した役札に自分の手札からつける 『付け札』

ポンとチーが同時におきた場合はポンが優先されます。

 

1ポン

ポン

他の人が捨てたカードを利用して、同じ数字のカード3枚の役をつくることを『ポン』と呼びます。

『ポン』で役を出した後にカードを1枚捨てます。

 

2チー

チー

他の人が捨てたカードを利用して、同じマークの続くカード3枚の役をつくることを『チー』と呼びます。

『チー』で役を出した後にカードを1枚捨てます。

 

3付け札

付け札

他の人が公開した役につけくわえることを『付け札』といいます。

自分が役を公開していない場合は『付け札』をすることはできません。

 

セブンブリッジ 遊び方 流れ

1 カードを7枚ずつくばる

ジャンケンなどで親をきめ、親がカードを1人7枚ずつくばります。

 

残ったカードを山札とします。

 

2 山札から1枚カードを引き、1枚カードを捨てるをくりかえす

山札からカードを1引いたあと、手札から1枚カードを捨てるのをくりかえし、役をつくっていきます。

 

親からはじめ、時計回りにやっていきます。

 

このとき『ポン』や『チー』、『付け札』で他人のカードを利用して役をつくることもできます。

 

3 最初に手札がなくなった人が勝ち

最初に手札がなくなった人が勝ちです。

 

 

3人で遊べるおすすめトランプゲーム 楽しいゲームを4つ紹介!!
3人で遊べるおすすめトランプゲームを紹介しています。 子供向けのゲームから大人向けのゲームまで選びました。 ダウト、ぶたのしっぽ、セブンブリッジ、ページワン の4つです。

 

4人以上(大人数)で遊べるおすすめトランプゲーム 大人数でやって楽しいの紹介します!!
4人以上で遊べるおすすめトランプゲームを紹介します。 大人数でやって楽しいゲームを10個選びました。 子供から大人まで幅広い方に楽しんでもらえると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました