ポーカー ルール 遊び方

トランプゲーム ルール 遊び方
この記事は約5分で読めます。

トランプゲームのポーカーのルール 遊び方を紹介します。

 

ポーカーを遊ぶには役、用語、ゲームの流れの3つを理解する必要があります。

「役」、「用語」、「ゲームの流れ」の順で説明していきます。

 

ポーカー ルール 遊び方

ポーカー ルール
使用カード ジョーカー1枚と52枚
人数 3人〜6人
勝ち負け チップを多くとった人の勝ち
難易度 むずかしい

 

ポーカーは5枚の手札で組み合わせ(役)をつくるゲームです。

 

役を覚えよう

役は全部10こあります。

弱い順から書いたのが下の表です。

ポーカー 役
ワンペア 同じ数字のカードが1組
ツーペア 同じ数字のカードが2組
スリーカード 同じ数のカードが3枚
ストレート 数字が5枚連続、マークはバラバラ
フラッシュ 同じマークのカード5枚
フルハウス 同じ数のカードが3枚と同じ数のカード2枚
フォーカード 同じ数のカードが4枚
ストレートフラッシュ 同じマークで数字が5枚連続したもの
ロイヤルストレートフラッシュ 同じマークで10、11、12、13、1
ファイブカード 同じ数字のカード4枚とジョーカー

いきなり覚えるのは難しいので、この表を見ながらやり覚えていきましょう。

ジョーカーはなんにでもなれるカードです。

 

同じ役が出た場合は数とマークの強さで決めます

2が最弱で1が最強です。

2<3<4<5<6<7<8<9<10<11<12<13<1

 

役が同じで数字も同じ場合はマークで勝敗を決めます。

マークはクラブが最弱で、スペードが最強です。

クラブ<ダイヤ<ハート<スペード

 

用語を理解しよう

5つの用語があります。

ポーカー 用語
チェック 様子見。
ベット チップをかけること
コール 前の人と同じ点数のチップをかけること
レイズ 前の人よりも多くのチップをかけること
ドロップ 勝負からおりること

 

ポーカー 流れ 実践編

1 カードを5枚ずつ配る

まずゲームの参加料として1枚のチップをはらいます。

親はカードを1枚ずつ合計で5枚のカードを裏むきで配ります。

残ったカードは山札として親の近くに置いておきます。

 

2 勝負をするかどうかを決める

右下の人がチェック、左下の人がベットしました

親の左どなりの人から手札を見て勝負をするか決めます。

勝負をしたいなら「ベット」と言いチップを出します。

ひとまず様子見をしたい場合は「チェック」と言いましょう。

勝負したくないなら「ドロップ」と言い、そのゲームをおりましょう。

 

3 ベットする人が出たら

左下の人がベットし、上、右下の人がコールしました

「ベット」をする人がでたら、「チェック」は使えません。

できる行動は3通りです。

  • 「コール」と言い、前の人と同じチップをかける。
  • 「レイズ」と言い、前の人よりも多くチップをかける。
  • 「ドロップ」と言い、ゲームをおりる

 

レイズする人がいなくなるまで順番に行動します。

 

誰も「ベット」する人がいない時は、もう一度参加料をはらったうえでカードを配りなおします。

4 カードをドローする

3人ともカード交換をしました

レイズをする人がいなくなったら、カードの交換をします。

いらないカードを捨てて、捨てた枚数分のカードを親が山札から配ります。

捨てるカードの枚数は自由に決めれます。

 

裏側にしてカードを捨てる

カードを捨てるときは裏側の状態で捨てましょう。

 

5 また勝負するかどうかをきめる

上の人はドロップし、右下の人がベット、左下の人がコールしました

ドローをしたあとの手札を見て、また勝負をするかどうかをきめます。

1回目と同じく下の行動から選びます。

  • 「チェック」様子見 ただし、ベットする人が出たらできない。
  • 「ベット」チップを出す。
  • 「コール」前の人同じチップをかける。
  • 「レイズ」前の人よりチップを多くだす。
  • 「ドロップ」ゲームからおりる。

 

6 カードをオープン!!

左下がスリーカード、右下がツーペア。スリーカードの方が強いので、左下の人がチップを全てもらいます。

2回目のベットでレイズする人がいなくなったら勝負をします。

手札を公開して、最も強い人を決めます。

最も強い人がすべてのチップをもらいます。

 

1人を残して全員がドロップした場合は残った人が勝ちとなり、すべてのチップをもらいます。

 

4人以上(大人数)で遊べるおすすめトランプゲーム 大人数でやって楽しいの紹介します!!
4人以上で遊べるおすすめトランプゲームを紹介します。 大人数でやって楽しいゲームを10個選びました。 子供から大人まで幅広い方に楽しんでもらえると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました