トランプ スピード ルール 遊び方

トランプゲーム ルール 遊び方
この記事は約3分で読めます。

トランプのスピードのルール 遊び方を紹介します。

 

トランプ スピード ルール 遊び方

 

スピード ルール
使用カード ジョーカーを除く全てのカード
人数 2人
勝ち負け 手札をなくしたら勝ち
難易度 普通
出せるカード となり合うカードに出せる 5なら4と6
スピードは場にカードを出していき、相手より早く手札をなくしたら勝ちのゲームです。
トランプにはめずらしくスピードが要求されます。
スピードはカードが傷みやすいゲームです。
傷んでもいいカードでやりましょう。

スピード ルール

スピード ルール

  1. 赤(♦️と❤️)と黒(♣️と♠️)にわけて遊ぶ。
  2. 台札にあるカードに「続くカード」を場札から重ねていくことができる。
  3. 空いた場札は手札の一番上から補充していく。
  4. どちらも台札に出せない場合は手札から1枚ずつ台札に出す。
  5. 手札が先になくなった方が勝ち。
  • 「続くカード」とは10の場合 8と9のこと
  • 「手札」は左にある裏返しになっているカードの束。
  • 「場札」は手札の横にある4枚の表になっているカード。
  • 「台札」は中央にある2枚の表になっているカード。

 

スピード ゲームの流れ

1赤(♦️と❤️)と黒(♣️、♠️)にわけて、シャッフルし配る。

赤と黒のカードを自分と相手のどっちが使うのかを決め、裏にして配ります。

 

2上から4枚カードを取り表にしてならべる。

この4枚のカードを「場札」といいます。

 

 

3かけごえ(スピード)を出して手札から一枚ずつ中央に出す

かけ声(スピード)をかけて同時に手札から中央にカードを一枚出します。

これを台札といいます。

 

ここからは早いもの勝ちなので相手よりも早く行動するようにしましょう。

 

4台札に場札のカードを出していく

台札に出せるのは、台札のカードの続く数です。

13の場合は12と1が出せます。

 

画像の場合
8に続くカードである7を出し
7に続く6を出しました。

 

 

5なくなった場札を手札からくわえていく

場札が減ったぶんを手札から補充していきます。

 

画像の場合
右の2枚を使ったので2枚補充しました。
ダイヤ9とハート10が補充したカードです。

 

6お互いに出せるカードがない場合は手札から新しい台札を出します。

お互いに出せるカードがない場合は、またかけ声をかけて(スピード)手札から中央にカードを1枚だし
台札にしてゲームを続けます。

 

画像の場合
8と9にどちらも出せるカードがないため新たに手札からカードを出しました。

 

4、5、6、をくりかえし手札が先になくなったほうが勝ちです。

 

 

2人用のオススメトランプゲーム
2人でやるのにオススメのトランゲームをまとめてみました。 どんなゲームなのか、簡単にルールの紹介をしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました