トランプ ダウト ルール 遊び方

トランプゲーム ルール 遊び方
この記事は約2分で読めます。

トランプゲームのダウトのルール 遊び方を紹介します。

 

ダウトは簡単なルールでありながら心理戦が楽しめるゲーム。

お子さんと大人数でやるときにオススメです。

 

トランプゲーム ダウト ルール

ダウト ルール
使用カード ジョーカーなしの52枚
人数 3人〜6人
勝ち負け 手札をなくした人から勝ち抜け
難易度 かんたん
求められる要素 相手のウソを見ぬく心理戦
  •  ダウトは相手のウソを見ぬき、自分のウソを通すゲームです。
  • 順番に数を言いながらカードを裏側にしてカードを出していく
    このときに言った通りのカードを出してもいいし、違うカードを出してもいい
  • ウソをついているなと思ったら「ダウト」と言う
  • 「ダウト」と言われた人は出したカードを表にして宣言した数とカードが合っているか見せる
  • 宣言したカードを数が合っている→ダウトと言った人が場に出ているカード全部を手札にくわえる
    宣言したカードと数が違う→ダウトといわれた人が場に出ているカード全部を手札にくわえる
  • 手札をなくした人から順番に勝ち抜けしていきます。

 

ダウト 遊び方 流れ

1 親は1枚ずつカード裏側にして配る

ジャンケンで親を決めます。

親は1枚ずつカードを裏側にして全部配ります。

 

2 1、2、3と口に出しながらカードを出していく

親は「1」と言いながらカードを裏側にしたまま場に出します。

親の左どなりの人は「2」と言いながらカードを裏側にして場に出します。

このように時計回りで順番に数を言いながら出していきます。

このときに口に出した数と同じカードを出してもいいし、違うカードを出してもいいです。

 

3 ウソをついているなと思ったら「ダウト」と言う

この人は言っている数と違うカードを出しているなと思ったら
「ダウト」と言います。

 

ダウトと言われた人はカードを表にしてみんなに見せます。

カードが言っている数と同じ→ダウトと言った人が場のカードを全部手札にくわえる
カードが言っている数と違う→ダウトと言われた人が場のカードを全部手札にくわえる。

4 手札がなくなった人から勝ち抜け

2と3をやっていき手札がなくなった人から勝ち抜けしていきます。

 

3人で遊べるおすすめトランプゲーム 楽しいゲームを4つ紹介!!
3人で遊べるおすすめトランプゲームを紹介しています。 子供向けのゲームから大人向けのゲームまで選びました。 ダウト、ぶたのしっぽ、セブンブリッジ、ページワン の4つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました